年末年始スペイン旅行・いざ出発

2017年のクリスマス前~年明けまで、スペイン旅行に行ってきました。

スペインはずーっと長い間、当方の中で行きたい国No.1でした。どれぐらいかというと、スペインに行くことを夢見て大学時代は第2外国語としてスペイン語を履修していたぐらい(笑)。また、今までの海外旅行は全て夏だったので、冬に海外に行くこと自体が初めてでした。ヨーロッパのクリスマス~年越しを見てみたいという思いもあったので、まさに一石二鳥。なので、すごく楽しみにしていました。その旅行のお話。

日程

日程はこんな感じです。バルセロナ・グラナダ・マドリードの3都市を巡ります。ちなみに、年末のこの忙しい時期に会社を3日も休みました。笑

12/22 移動日
12/23 バルセロナ着
12/24 バルセロナ観光
12/25 周辺都市観光
12/26 グラナダへ移動
12/27 グラナダ観光
12/28 周辺都市ツアー
12/29 マドリードへ移動・観光
12/30 周辺都市観光①
12/31 周辺都市観光②
1/1 帰国
1/2 日本着

まあ、色々あって結局プランは狂いまくったんですけどね。笑 その辺はおいおい各記事の中で記載します。

出発!

そんなこんなで12月22日。フライトはカタール航空のQR807便で成田からドーハまで行き、そこからQR145便でバルセロナまで飛びます。

QR807便は22時過ぎのフライトのため、その日は普通に会社に行き、16時頃に早退して成田空港まで向かいました。

チェックインを済ませたのが20:30過ぎ。そこからさあ晩ごはん!…と思ったら、成田空港のレストランって大体20:30がラストオーダーで、もう既に全部のお店が店じまいをしていました…。売店すら空いていない始末だったので、機内食が出るまで我慢しましたよ、ええ。成田の最終便って意外と早いんですね。皆さんも注意してください…。

ちなみに、飛行機はほぼ満席でした。機内の写真はないのですが、座席は3-3-3の配置だったため、広く感じられましたね。あとは、乗り込んで早々に機内食のメニューが配られたのが印象的でした。エコノミー席でも予めメニューをチョイスしておけるのがいいですね。

乗り継ぎ

そんな苦行を味わいつつ、機内食がサーブされた後は、夜行便ということもあり爆睡。成田からドーハまでは12時間ほどのフライトですが、大体寝ていたような…。気付いたら着いていました。笑

トランジット用の荷物検査場を抜けたところに、なんか犬?みたいなマスコットがどーんと置いてありました。カタール航空の機内ビデオにも出てきたので、一押しのキャラかなんかですかね?笑

乗り継ぎは約3時間。とはいっても、やることもないのでさくっとゲートを確認して、近くの椅子に座ってぼーっとしていることにしました。そしたら、いつの間にか搭乗ゲートが変更になっていたようなのですが、そのことに同行者含めて誰も気付かず、搭乗時刻になって初めて気づくという失態。笑 しかも、変更前・変更後のゲートがそれぞれ空港の両端に位置していたため、移動に相当な時間がかかり、空港内を猛ダッシュしました…。

到着

ドーハからバルセロナまでは約7時間のフライトです。改めて思ったんですけど、スペインって遠いわ。まあ、ヨーロッパ大陸の端っこなので当然なんですけどね。

そんなこんなで、バルセロナには14時ごろに到着。そこからホテルに向かい、周辺散策をしました。いざ、心待ちにしていたスペイン観光の始まり!なのですが、長くなってきたのでその話は次の記事に。

年末年始スペイン旅行記