年末年始スペイン旅行・サグラダ・ファミリアを登る

スペイン旅行・2日目。この日はバルセロナの観光スポットを1日で巡ります。

まずはバルセロナといえばここ、サグラダ・ファミリアに向かいます。ちなみに、サグラダ・ファミリアは長い間未完成でしたが、ここ最近の建築技術の進歩もあり、2026年ごろには完成予定だそうです。なお、サグラダ・ファミリアまでは思考停止でタクシーで向かいました。ヨーロッパはタクシーが安いのがいいですよね。

外観

どどーん。写真では何度も見ていますが、やはり近くで見るとすごい迫力です。

カサ・バトリョもそうでしたが、こういった歴史的な建築物が普通に街中にぽつんと存在しているのが凄いですよね。

ここからサグラダ・ファミリアに近づくにはチケットが必要です。我々はネットで事前購入をしていたので、それを見せ、セキュリティチェックをした後、近くへ向かいます。なお、オーディオガイドも貸してもらえますが、日本語もバッチリあったのでご安心を。

近くで見ると、その外観の装飾もすごく細かく、複雑です。よく見ると人の形だったり、天使の形だったりと、そのそれぞれに意味があり、精巧に作られていることが分かります。そりゃあ完成までに100年以上かかるわw

なんでも、設計図は現在では残っておらず、職人たちの伝承で設計されているそうです。何だか素敵な話ですね。また、完成予定の2026年はガウディの死後100年だそうで、そのタイミングで完成するのも奇跡ですよね。また完成したら来てみたいですね。どこがどう変わっているのかあまり分からなさそうですが…笑

サグラダ・ファミリアを登ってみる

で、実はサグラダ・ファミリアは上に登れます。ただ、時間指定でのチケットを買う必要がある要注意。我々は毎度のことながら事前にネットで購入していたので、指定した時間にエレベーターに向かいます。

で、登ったのはいいもののぶっちゃけ上はめちゃくちゃ狭く、特に見どころはありませんでした…。そして帰りは階段なのですが、写真のような狭い螺旋階段をひたすらに降りていきます。特に道中で寄り道をする場所もなく、窓はご覧の通り格子になっており景色を堪能できるわけでもなく、そして結構階段が急で怖かったりと、あまり登ってもいいところはありませんでした。笑 あと、結構な段数があるので、体力に自信のない方には避けた方が無難かと思います。

道中の窓からはサグラダ・ファミリアの上部が間近に見れます。こんなフルーツのモニュメントがいくつかあったりして、下からでは気付かなかった部分も見れたので、まあよしとしましょう。

内部

内部はこんな感じです。正直、サグラダ・ファミリアは外見だけかと思ってたのですが、中もめちゃくちゃ綺麗でした。やはり歴史的な教会だけあって、荘厳です。

天井はこんな感じです。内部も相当な装飾がされており、見どころたっぷりでした。途中、地下でミサみたいなのがやっていたんですけど、地下に降りる方法が分かりませんでした。笑

ぶっちゃけ、上に登るよりは下で教会の雰囲気を満喫する方がいいですかね。実際にエレベーターで上に登っている人はほとんど見ませんでしたし。高いところから景色を見たいというのであれば、カサ・バトリョやこの後に行ったカサ・ミラで十分だと思います。

とそんな感じでサグラダ・ファミリアを満喫した後は、周辺をぷらっとしてみました。サグラダ・ファミリアのすぐ近くに公園があったのですが、そこから見るとサグラダ・ファミリアの全体が見れ、とても綺麗でした。皆さんもサグラダ・ファミリアに行かれる際は、ちょっと遠くから眺めてみることをおススメします。

そして、引き続きガウディの建築物を巡るのですが、それは次の記事に。

年末年始スペイン旅行記