年末年始スペイン旅行・ガウディ巡り~カサ・ミラとグエル公園

スペイン旅行・2日目の続きです。サグラダ・ファミリアに引き続き、バルセロナにあるガウディ巡りということで、カサ・ミラとグエル公園に行ってきました。

まずはカサ・ミラ。あっさりタクシーで向かいました。調べてみると昨日行ったカサ・バトリョと近くて、まとめていけばよかったなんて思いつつ。

カサ・ミラ

こちらも事前にチケットを購入していたので、チケット購入の列を横目に見ながらさくっと中に入ります。結構並んでいたので、やはり事前に購入できるものは事前に購入しておくべきですね。ここもオーディオガイドの貸し出しがあり、日本語にも対応していました。

カサ・ミラは直線部分を一切持たない建物だそうです。住居として建築され、今ではほとんどが博物館として使われていますが、当初は住居として建築されたそうです。ただ、奇抜すぎてほとんど入居者はいなかったようですが。

こちらが吹き抜けです。実は、今でも4世帯ほど実際に入居しているそうです。世界遺産に住むって、どんな気分なんでしょうね。

で、中に入るとまずはエレベーターで屋上まで登ります。屋上にも、摩訶不思議なモニュメントがたくさん置かれていました。この日は晴れていたので、日が照っている部分はぽかぽか陽気で気持ちよかったです。

こちらは屋上からの長めなのですが、遠くにサグラダ・ファミリアが見えました。近くで見ると分からなかったけど、クレーンめちゃくちゃでかいな~なんていう話をしていました。笑

その後、カサ・ミラの内部を降りていくのですが、道中ではガウディの歴史について解説してくれるコーナーがあります。カサ・ミラだけでなく、サグラダ・ファミリアやカサ・バトリョの構造についても説明してくれており、最初にカサ・ミラに来ていればこれらの観光ももっと有意義なものにできたのに…と思いました。笑 これからバルセロナに行かれる方は、ぜひ最初にカサ・ミラに行ってください。

そして、その後は住居の中を巡ります。部屋の柱とかだけでなく、家具や、細かいところではドアノブまでうねうねと曲がったものばかりです。実際に使いやすいのか疑問でしたが、特にドアノブは手の形にフィットするように考えて作られていて、意外と使いやすかったです。ただ、こんな部屋に住んでいて落ち着くか?と聞かれると怪しいところではあります。笑

その後、近くのバルで昼食を取りました。マジで適当に入ったんですが、お酒・タパス共に美味でした。スペインの食事クオリティ高すぎるだろ!

グエル公園

ガウディ巡りの最後は、グエル公園です。こちらも事前にチケットを購入しており、並ばずに入れました。ここも、日本語のオーディオガイドがあります。スペインって割とどこに行っても日本語のオーディオガイドがありましたね。やっぱり日本人観光客が多いんでしょうかね。

ちなみに、我々はタクシーを利用しましたが、グエル公園は結構な坂の上にあったので、もし電車とかで来られる方は要注意です。むしろ、グエル公園だけはタクシーで来た方がいいかもしれません。

中はなんかテーマパークみたいな雰囲気でした。

グエル公園は今でこそ公園となっていますが、当初は住宅地として開発されていたそうです。ただ、やはり奇抜なデザインのせいもあり、入居者がガウディと共同建設者以外にはおらず、その後国に寄付されたそうです。

観光ガイドでよく見るこのアングル。有名なだけあって、すごい人混みでした。

この有名なトカゲとも記念写真をバッチリ撮りました。この辺りのお土産屋さんではトカゲグッズ(マグネットとか)が売っており、それらが可愛かったので買おうか本気で悩みましたw(結局買ってませんが。)

公園の中は意外と狭く、また見どころも多くなかったので、割とすぐに全体を見て回ることができました。ちょっと肩透かしを食らった気分。

 

ということで、この2日間でガウディの歴史を満喫しました。ガウディの建物はどれも独特のセンスで、見どころが多くありましたね。ただ、観光する分にはいいんですけど、実際に住みたいか?と言われると極めて怪しいかな、と思いました。笑

この時点で結構な疲れでしたが、まだまだバルセロナでやり残したことがあるので、引き続き観光を続けます。

年末年始スペイン旅行記