年末年始スペイン旅行・スペイン文化の旅

スペイン旅行・2日目はまだまだ続きます。

ガウディの遺産を堪能した後は、カフェで小休憩しました。スペインはバルも安いですが、カフェも相当安いです。カフェも、1杯軽くコーヒーを飲んでさっと出ていく感じです。スタバで長々と居座る日本人とは大違いですね。笑

その後はいったんホテルで休憩した後、憧れのカンプ・ノウに行き、その後フラメンコを見に行きました。

カンプ・ノウ

カンプ・ノウって馴染みのない方は全くご存じないと思いますが、世界を代表するサッカーチーム、FCバルセロナの本拠地のスタジアムです。サッカーに詳しくない方でも、メッシっていう選手の名前ぐらいは聞いたことがあるのではないかと思いますが、そのメッシが所属しているのがFCバルセロナです。

実は元々の予定にはなかったのですが、我々は3人ともサッカー好きということで、ホテルで休んでいるときに「ぜひともカンプ・ノウに行きたい!」ということになり、まだギリギリ時間もあったので急遽行くことにしました。

バルセロナの市内からはちょっと離れているのですが、タクシーで15分ぐらいで着きました。

スタジアムツアー

カンプ・ノウではスタジアムツアーをやっていまして、スタジアムの各所を巡れます。ツアーといってもガイド的なものは特になく、自分たちでスタジアムの中を見て回る感じです。それなりのお値段がしますが、普段見られない裏側やピッチのそばまで行けますので、サッカー好きにはたまりません。

ちなみに、我々は夕方に行きましたが、時間的な問題か人がほとんどおらず貸し切り状態でした。ゆっくり見て回りたい人は夕方がいいかもしれませんね。この時間でもショップとかは空いていましたし。

まずはスタジアムの内部を見学します。ここはインタビューゾーンですね。よくスポーツニュースなんかで試合後に選手がインタビューを受けていると思いますが、それがここです。ただ、スタッフの監視によりこの柵の向こう側には入れなかったのが残念です。選手気分を味わいたかった…。

ここは記者会見を行うところです。新選手が加入したりするときはここで挨拶したりしますよね。ただ、思ったより全体的にかなり小さなスペースでした。もっと大きいところが他にあるのかな?

そしてアウェー用ロッカールームを潜り抜けると、ピッチの真横に出ます。選手が座る椅子なんかもありましたね。

観客席にはRの文字が入っています。これ、(ロケット団ではなく)楽天のマークです。2017年から楽天がスポンサーを務めていることもあり、スタジアムにも大きくペイントされています。まあ、試合時には観客で隠れるんですけどね。ちなみに、タクシーの運転手に「カンプ・ノウに行きたい」と言ったら、「Are you 楽天?」と聞かれました。笑

その後、観客席ゾーンに。報道陣やVIP用と思われる席も解放されており、ちょっと偉くなった気分でした。ここから試合を見るとめちゃくちゃ見やすいだろうなと思いましたね~。いつか見てみたいけど、軽く数万円するので無理かな…。

最後には博物館的なものがあり、バルセロナの歴史と数々の栄光のトロフィーが並べられていました。これは、メッシのバロンドール賞のトロフィーですね。バロンドール賞とは、世界で最も優れたサッカー選手に与えられる賞で、メッシはそれをなんと5回も取っています。すげえ。

ということで、サッカー好きにはたまらないツアーなのでした。なお、興味のない人には本当につまらないツアーだと思います。結構高いし。笑

フラメンコへ

その後、夕食を探そうという話になったのですが、せっかくならフラメンコショーを見たくない?という話になり、ホテルのフロントで聞いてみたところ、提携しているフラメンコショーの予約を取ってくれました。ショーの開始は22時からということで、それまでに近くのバルでさくっと食事を済ませ、フラメンコショーに向かいました。

中央にいるのが楽器を演奏する舞台で、その両サイドにダンサーが座っています。最初は、音楽に合わせて各ダンサーがそれぞれソロで踊ります。

その後、音楽に合わせて色々なパターンでダンサーが踊ります。フラメンコは初めて見たのですが、これまでフラメンコってあの足さばきに特徴があるものだと思っていましたが、想像していたよりも全身の動きが多く、また振り付けも非常に独創的でした。一方、そんなこともあってか同行者は途中から爆睡していました…。

ちなみに、フラメンコってこの踊りを言うのではなく、楽器の演奏と踊りの組み合わせを言うらしいです。

バルセロナ観光を終えて

と、そんな感じで朝から晩までバルセロナを満喫した1日でした。朝は9時ごろから行動を開始し、途中でホテルに帰ったりしたものの、最終的に24時過ぎまで活動していたのでこの日はもうクタクタでした。バルセロナは見どころが多く、2日はあってもよかったのかなと思います。

ちなみに、クリスマスということもあってか、町中には観光客以外、人がほとんどいませんでした。バルも結構空いていました。観光スポットを巡っているからそう感じるだけなのかもしれませんが、普段のバルセロナがどんな感じなのかも気になりますね。

年末年始スペイン旅行記