年末年始スペイン旅行・グラナダで1人ぷらっと

スペイン旅行・6日目。予定では、この日はグラナダから日帰りツアーで白い街(ミハス・フリヒリアナ)を巡る予定でした。

ただ、ここまでの寒さにやられたのか、同行者が2人とも体調不良でダウン…。2人からは「1人でツアーに行ってきていいよ!」と言われたものの、運転手とマンツーマンはきついし、なにより他の2人が心配なので、ツアーは急遽キャンセルし、この日はグラナダでまったりすることにしました。

ホテルはB&Bだったので、まずは簡単な朝ごはんを2人のために作り、食料の買い物がてら、街を1人で散策することにしました。

カテドラル

まずは市の中心にあるカテドラル(大聖堂)に向かうことにしました。正式名称はカテドラル・サンタ・マリア・デ・ラ・エンカナシオンというらしいです。絶対覚えられませんね。笑

ヨーロッパあるあるですが、路地がおしゃれ。道の脇には見たことのない楽器を奏でている人がいました。

中はこんな感じ。この大聖堂は、グラナダが陥落したときに建てられたそうです。時系列的にはアルハンブラ宮殿の後になりますね。

教会の中央奥には黄金の祭壇やパイプオルガンがあり、それ以外のスペースは白で統一されていることもあり、非常に映えますね。

黄金のスペースは圧巻です。大聖堂ってどこも似たように思えてそれぞれ個性があるのが不思議ですよね。

大聖堂の先には、イサベル女王とその夫のお墓がありました。あとは、絵画や装飾品なども展示されていました。

…なんでこのカテドラルだけ情報がイマイチ薄いかというと、オーディオガイドは借りれたんですが、言語が英語しかなく、完全に理解しきれなかったためです。笑 それでも十分に楽しめますし、ここは繁華街の中心にあることから、空いている時間にふらっと行くことができますので、行ってみてください。

白い街エリア

カテドラルを見た後は、水とか食料品とかを買ってホテルに届けました。その後、どうしようかなーと思ってガイドブックを見ていたら、グラナダにも白い街がちょこっとだけあることが判明。本格的な白い街であるミハスやフリヒリアナのツアーには行けませんでしたが、せっかくなので気分だけでも、ということで、そちらに散歩しに行きました。

白い街エリアは、グラナダの中心部であるヌエバ広場から北に歩くとたどり着きます。もっと上前で行けば展望台もあるみたいで、夜景もきれいみたいです。

お、見えてきました。確かに、この辺りから壁の白い家がずらーっと並んでいます。ということでこの小道を登ってみることに。

徐々に白い家ばかりになってきます。それにつれて、当方の期待値もちょっとずつ上がります。

どんどん登っていくと、いい感じの道がいくつも出てきました。ミハスやフリヒリアナは一面白って感じですが、こっちは挿し色が入っていたりしてこれはこれでかわいいですね。

なぜ壁が白いのかというと、スペイン南部は日差しが強く、それを跳ね返すために家を白く塗ったことが由来だそうです。ミハスやフリヒリアナは写真で見る限り本当に素敵なので、ググってみてください。

と、白い街エリアはまだまだ続いていたのですが、ここまで来るだけでも実は結構な距離を歩いており、疲れたのと迷いそうだったので(笑)、この辺で引き返すことに。

ちなみに、ここからはアルハンブラ宮殿を眺めることができます。上の展望台まで行けばアルハンブラ宮殿を見下ろすことができるみたいなので、かなり綺麗だと思います。体力に自信のある方はどうぞ。笑(ちなみに、ちゃんとバスも走っているようなのでご心配なく。)

 

とまあやむを得ない事情でツアーには参加できませんでしたが、グラナダの街を散策することもできましたし、白い街もちょっとだけその気分を味わうことができたので、満足です。旅行にはこういうのんびりした日も必要ですね。

これでグラナダは最後です。明日はマドリードに向かいます。

年末年始スペイン旅行記