年始スペイン旅行・マドリードに到着

スペイン旅行・7日目。この日はグラナダからマドリードへ移動します。マドリードがこの旅行で最後の都市になります。3分の2が終わったと思うと何だか寂しいですねえ。

いざ、マドリードへ。

グラナダからマドリードへは、こちらも飛行機で移動しました。電車も走っているようですが、5時間ぐらいかかることと、我々が旅行している間は一部運休だったようで電車+バスの乗り継ぎになるらしく、異国の地で不安な思いをするのも嫌だよねということで。

写真はないんですが、この飛行機も、グラナダへ向かうときと同様、狭いしボロいし揺れるしで最悪でした…。今回はイベリア航空なのでちゃんとしているのかと思ったんですが、スペインの国内線はこんなもんなのかもしれない。

マドリードの空港からはこれまたタクシーで移動。市内までは30ユーロ均一らしく、3人で乗ったので案外安くあがりました。

マドリード王宮

ホテルはアトーチャ駅の近くでした。そこで、荷物を置いた後、早速近くにある王宮へ。

王宮の前には、ヨーロッパ名物の移動遊園地(メリーゴーランドだけですが)がありました。こういうのって誰が運営しているんですかね?あと、これって有料なんですかね?素通りしたので分からない…。

早速中へ。ここも事前にネットでチケットを購入しておいたのでスムーズに入れました。チケット売り場はそれなりに並んでいたので、やはりこういうのは事前に買っておくべきですね。

この王宮は、1755年に完成し、床面積はヨーロッパ最大級だそうです。歴代の王が暮らしてきましたが、現在の国王は住んでいないそうです(だから観光できるわけですが)。とはいっても、イベントの際には使われているようですね。

なんだかそれらしい雰囲気に。

さすが王宮だけあって、中は豪華絢爛です。

天井もばっちり装飾が施されています。

王宮の中は撮影禁止の箇所が多かったのであまり写真はないのですが、とても煌びやかで素敵でした。ヴェルサイユ宮殿のときにも思いましたが、これだけキラキラしていると、住んでいて落ち着かないと思うんですけどどうなんでしょう。笑

ソフィア王妃芸術センター

宮殿を堪能した後は、ソフィア王妃芸術センターに向かいました。

マドリードにはプラド美術館という大きな美術館があるのですが、絵画に興味のない我々はそちらを何事もなかったかのようにスルーし、こっちに来ました。絵画に興味がないにもかかわらずなぜここに来たかというと、ここにはあのピカソのゲルニカが飾られているんです。

ゲルニカは撮影禁止だったので写真はないのですが、そのキャンバスの大きさもあって、生で見るとすごい迫力でした。戦争をモチーフにしている絵ですが、戦闘機や血などの表現は一切ありません。それでも、その凄惨さが伝わってきます。しばらく動けなくなるぐらいの感動でした。ぜひ、マドリードに来たら見てほしいですね。

なお、この芸術センターの中は4階構成になっていて、2階にはゲルニカなど歴史的な絵画が展示されており、他のフロアは現代アートが展示されています。現代アートはさっぱり理解できず何が何だか分かりませんでしたが、化け屋敷みたいな雰囲気のところもあり、それはそれで面白かったです。笑 あと、余程暇だったのか学芸員の人に色々と絡まれた思い出。

マヨール広場でクリスマスマーケット

と、そんな感じでマドリードの文化を堪能した後は、マドリードの中心の1つであるマヨール広場までお散歩することに。

マドリードの町中は、どこもかしこもすごい人混みでした。新宿や渋谷みたいな感じですかね。スペインはスリが多いといいますが、そりゃこんだけ人が多かったら財布をスられても気付かないだろうな…という感じです。

財布とパスポートに厳重な注意を払いつつ、マヨール広場までやってきました。広場ではクリスマスマーケットがまだやっていました。クリスマスはもうとっくに終わっていますが、どうやらスペインでは年内はクリスマスマーケットが残っているみたいです。

色々な雑貨が売っていました。特に、地面に投げて遊ぶおもちゃが子供たちに大人気で、そこら中で子供たちが遊んでおり、やや危険でした…。

そんなこんなで町中は喧噪が騒がしかったですが、少し路地に入るとこんな素敵な景色があったりします。ヨーロッパの建物は本当に絵になりますよね。現地人に絡まれたら怖いのでさっさと通り抜けましたが。笑

この日は、まだ同行者の体調が万全ではなかったため、スーパーで食べ物を買ってホテルで食べました。当方は1人ハムとお酒でパーティしていたのですが(笑)、スペインのハムってめちゃくちゃ安い(2ユーロとか)上に美味しいです。バルといい、本当に酒飲みにはたまらない国ですね。

と、こんな感じでマドリードを堪能した翌日は、セゴビアに向かいます。

年末年始スペイン旅行記