年末年始スペイン旅行・セゴビア散策

スペイン旅行・8日目。この日はマドリードから足を延ばして、セゴビアという町を観光しました。セゴビアは水道橋とアルカサルというお城で有名な都市です。行くまではイマイチ印象がなかったんですが、行ってみると意外と面白い街でした。

セゴビアへのアクセス

セゴビアへはマドリードからバスまたは電車で行くことができます。僕たちはこれまでリッチな生活をし過ぎてお金が無くなりつつあったので(笑)、安く行けるバスで向かうことにしました。

バスはMONCLOA(モンクロア)駅のバスターミナルから出ています。この旅行で初めてメトロを使いましたが、朝早いこともあって特に危ないところはなく一安心。

スペインはバスがとても発達しているらしく、大体どこにでもバスで行くことができるそうです。のんびりしている国民性もあるんでしょうかね。

モンクロア駅の地下の券売機でバスチケットを買い、バスに乗り込みます。チケットは8ユーロぐらいでした。バスターミナルにはセゴビア行きのバスがなぜか2台同時に来たのですが、別にどっちに乗ってもよかったみたいです。

バスに揺られて1時間15分ぐらいすると、セゴビアのバスターミナルに到着します。バスターミナルから100mほど歩くと街の中心部があります。レトロな感じでなかなか雰囲気がありますね。

ここが町の大通りです。奥の方に小さく水道橋が見えます。

朝早かったのでほとんど人がいませんが、両サイドにはレストランやバル、お土産屋さんが並んでいました。ちょっと小腹が空いたので、途中のバルで軽くタパスを食べて(そしてもちろんお酒を飲んで)いくことにしました。

小腹を満たした後は、水道橋に向かいます。お、徐々に見えてきましたね。

どーん。これが水道橋です。約2000年前にローマ人によってつくられたそうです。驚くべきは、この水道橋、接着剤が一切使われておらず、ただ石を積み上げるだけで作られているそうです。よくこんな大きな建物が支えきれているな~と思います。地震とかあったらどうなるんでしょうね。笑

この水道橋、水道橋というだけあって水を流すために作られたそうなのですが、なんと10km以上先の川から、少しずつ傾けることで水を引いていたそうです。そんな昔にどうやって設計したんですかね。

水道橋の横の方は展望台になっていまして、セゴビアの街を眺めることができます。水道橋が街の景色に溶け込んでいます。デザインまで考えて作った古代の人の知恵ってほんとすごい…。

マヨール広場とカテドラル

そんな感じで水道橋を堪能した後は、セゴビアにあるお城・アルカサルまで向かいます。この展望台からそのまま向かうことができるので一石二鳥でした。笑

道中の看板にはなぜか日本語もありました。

アルカサルに向かう道すがら、マヨール広場に着きました。ガイドブックによると、ここが一番の広場で、たくさんのお店があり、多くの人やマーケットで賑わっている…と書いてあったんですが、ほぼ人はいませんでした。年末だからかな?

ここには大きなカテドラルもあるのですが、残念ながらこの日は中には入れませんでした。外観が素敵だったので中もきっと綺麗なんだろうと思うのですが、残念。

そして、大聖堂の前の道を通ってアルカサルに向かいます。小道がとってもかわいい!横にはお土産屋さんも並んでいて、楽しい気分になりました。

ただ、道中の道がとても狭いわりに車と人がめっちゃ通るので、歩くのには注意が必要です。

白雪姫の城・アルカサル

しばらくすると、アルカサルに到着しました。このお城、実は白雪姫のお城のモデルになったそうです。

このお城は11世紀に建てられたものの、1800年頃に火事がありその大部分が焼失してしまったそうです。その後、復旧工事が行われて今の姿に至るそうです。

中には当時の部屋の様子が再現されていたり、当時の騎士の鎧なんかが飾られていました。ただ、昨日にマドリード王宮を見てしまったせいでイマイチ感動が薄く、写真がありません。笑 なのでその辺はググってください。

お城の観光が終わった後は、歩いてバスターミナルまで戻り、マドリードに帰りました。バスターミナルまでは結構遠いので、タクシーとかを使った方がいいかもしれません。

セゴビアってあまり聞きなれない地名でしたが、行ってみると観光客が多かったですし、街自体がおしゃれな雰囲気で非常に楽しめました。ささっと回れば半日ぐらいで行けそうなので、もしスペイン旅行に行かれるときに日程に余裕があるようなら、是非行ってみてください。

年末年始スペイン旅行記