年末年始スペイン旅行・マドリードでカウントダウン

スペイン旅行・9日目。この日が観光最終日になります。

実は、この日はトレドに行く予定でした。「もしマドリードに1日か滞在できないなら、迷わずトレドに行け」という言葉があるくらい、トレドはスペインを語る上で欠かせないスポットなんですよね。

しかし、同行者の1人の体調がまた悪くなってしまい、ホテルで待機することに。そんな状況であまり遠出することは避けようということになり、トレドに行くことはやめ、マドリードをまったりお散歩することにしました。トレドはまた次の機会に行くことにします。

市内散歩

食料の買い出しがてら、マドリードをぷらぷら。大晦日だというのに町はすごい賑わいです。ただ、さすがにバルは夕方で閉まるところが多かったです。

引っ越し?かなんかをやってました。スペインではこうやって窓から直接運ぶんですね。

レティーロ公園

ホテルの近くに大きな公園があったので、行ってみることに。レティーロ公園というらしく、市民の憩いの場になってるみたいです。馬に乗ってる人や、セグウェイに乗っている大群にすれ違ったりしました。笑

この堕天使の噴水が公園のシンボルだそうです。なんでも、堕天使をモチーフにした噴水というのは非常に珍しいんだとか。

そんなことよりも、噴水の下についている竜?みたいなののオブジェがなんかシュールでした。笑

クリスタルパレス

公園の中にはこんなクリスタルパレスがあります。何かの展示会のために建てられたそうです。中は空洞で、これといって特に何もありませんでした…。

ホテルへ。

道中、綺麗な建物を見つけたのでパシャリ。

この日は割とどこも早く閉まってしまったので、スーパーで晩御飯を買い込み、ホテルで食べることにしました。

カウントダウン

この日は大みそかということで、深夜にはカウントダウンイベントがあります。マドリードではソル広場に集まるのが慣習みたいです。スペインのカウントダウンで特徴的なのは、年越しの瞬間に鐘が12回鳴るのですが、それに合わせてブドウを12粒食べる、というのが古くからの習わしらしいです。なんでも、鐘の音に合わせて12粒食べ終えることができたら、翌年の12ヶ月を幸せに過ごすことができる、のだとか。

それに備えてか、この日は街中のいたるところでブドウが売ってました。我々もこれを買い、挑戦してみることに。体調不良もあったので、広場には行かずテレビでカウントダウン中継を見ながらトライしてみたのですが、鐘は絶妙な速度で鳴るので、何とか12粒食べることができました。これで2018年も無事に過ごせるといいですね!

ちなみに、中継を見てると広場にはとんでもない数の人がいたので、これは行かなくて正解だったなと思ったのでありました。笑

帰国。

と、スペインでカウントダウンをした翌日は、帰国日です。ここまで10日間、長かったような、あっという間だったような。

フライトがバルセロナからだったので、まずは早朝にマドリードからバルセロナへ向かいます。今考えると、普通にマドリード発にすればよかったのではないかと思います。笑(フライトを取った時点ではスケジュールを全然決めていなかったんですよねー。)

バルセロナまではRenfeのAVE(高速鉄道)で向かいます。

中はこんな感じ。座席はいたって快適でしたが、いかんせんヨーロッパ仕様のため座席が回転できません。そのため、進行方向と逆向きになってしまったら最悪です。乗り物酔いしやすい人は酔い止め必須ですね。

その後、空港に移動し、行きと同じくドーハ経由で帰国したのでした。

まとめ

スペインは非常に見どころが多く、また食べ物もおいしいし人も親切だしで、大満足でした。10日間の旅でしたが、まだまだ日数が足りない!と思うほど。今回の旅では急遽行くことのできなかったトレドや白い街のほか、セビージャやマラガなんかも行ってみたいですし、ぜひまた行きたい国ですね。ただ、ちょっと遠いのが難点でしょうか…笑

 

年末年始スペイン旅行記